42歳 私が洗顔を選ぶポイント

洗顔料に関しては、メイク汚れや毛穴の汚れがしっかり落ちることが、一番重要だと思っています。

 

次に、肌がつっぱらないこと、さらにしっとりしていれば言うことないです。

私の洗顔に対する考え方

子育てがひと段落といった時期の現在、手抜きケアがたたってきたのか鼻の毛穴の黒ずみ、鼻の横の黒ずみが気になります。
この黒ずみが消えて、きめが細かい肌になりたいので、それを一番に解消したいです。

 

普段は、夜はお風呂で、メイククレンジングで落とし、時間があれば洗顔フォームでも洗います。

 

あまり、ダブル使いすると今度は油分がなくなって、カサカサになりそうなので毎日はしません。

 

そして、朝も洗顔料を使ったり、水で洗うだけだったりですが、これが黒ずみの原因かもしれません。
乾燥肌なので、あまり洗いすぎるのもよくないかなといった考えからなのですが。

 

また、お風呂から上がった後や洗顔後はすぐに化粧水などをつけて、水分がとばないようにしています。
そうしないと肌がつっぱったり、かぱかぱになってしまってファンデーションがのらなくなります。

 

消費者としては、洗い上がりもさっぱりで、でもしっとりしてほしいという願望は、まったく正反対のことを要求しているようにも感じますが、

 

数多くの化粧品メーカーさんは、これを実現している商品も多く、すごいなあと思います。

 

ただ、あまりにも種類が多く、値段もピンキリですので果たして自分が何を選べばいいのか本当に迷ってしまいます。

 

ですので、一回分のお試し洗顔料などを利用して、気に入れば購入したりしています。

ファンケルは、コスパが良い

ファンケルといえば、今や有名な化粧品メーカーです。
しかも、気に入れば私でも手が届きそうな値段設定なところが良いと思います。

 

ファンケルの洗顔パウダーは、トライアルキットを使用したことがあると思います。
あのサラサラのパウダーが簡単に泡立てることができ、フワフワの泡になるのですよね。記憶ではさっぱりとした洗い上がりだったと思います。

 

パウダーはお風呂場に置いておいても、固まったり、べたついたりすることなくサラサラのままで使いやすかったです。

 

ただ、どちらかというと、若い方向けなのかな〜と思います。

 

もしくは、皮脂が多めの方なら、すごくいいのではないでしょうか。

 

私のようなアラフォーで、乾燥肌の持ち主だと、ちょっと物足りないかな〜といった感じです。

 

ですが、このさっぱり感が汚れをたくさん落としてくれているのだとしたら、洗顔パウダーで余分なものを根こそぎ洗い流して、その後の化粧水や美容液などのケア次第ではしっとりした肌も手に入れられます。

 

それならば、さっぱりもしっとりも同時にかなうかもしれません。